建設現場や災害現場で大活躍|水分を吸収すると使用できる土のう袋

メンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

水分を含むと大きくなる

土嚢

建設現場や災害現場では水の浸入を防ぐために土のう袋が使用されています。しかし、15キロ以上あって大きいために、保管するためには大きなスペースが必要になります。いざ使おうと思っても袋1つ運ぶのも重労働です。女性や高齢者では運ぶことができないでしょう。そんな土のう袋の悩みを解決する製品が発売されています。その製品は保管時は薄く持ち運びが簡単ですが、水を吸収すると徐々に大きくなり15キロ以上に変化するタイプの吸水性土嚢袋です。

吸水性土嚢袋は、水を吸っていない状態だと重量は400グラム程度ですし、暑さも1センチ以内ですので、大量に保管することができます。そして、従来の土のう袋と比較すると格段に軽量なために、女性や高齢者でも持ち運ぶことが可能です。しかも、1つだけではなく同時に複数同時に運ぶことも可能なために、必要な場所に設置しておくことができます。緊急時でもすぐに対応できるために、吸水性土嚢袋はとても人気があります。

吸水性土嚢袋は、設置だけでなく処理も非常に楽に行うことができます。従来の土のう袋は水を含んだ状態ではさらに重くなり、処理を行うのが非常に大変でした。ですが、吸水性土嚢袋は塩化カルシウム溶液に浸すと、水分を含んだポリマーが簡単に排出されます。そのため、とても処理が楽にできます。塩化カルシウム溶液がない場合でも、天日干しをすることで脱水することができるので処理や廃棄も簡単にできることが特徴です。土のう袋を購入するなら、保管や持ち運び、そして処理も楽な吸水性土嚢袋がオススメです。

微生物で地球環境を守る

ヘルメット

工場やホテル、そして病院などではそのまま排出することができない汚水が発生する場合もあります。排出してしまうと自然環境を破壊する原因となりますので、汚水処理剤を使用して排出できる状態にすることが大事です。

View Detail

効果的な宣伝の手段

工事

企業にとって宣伝や広告はすごく大事です。そのため、建設現場のスペースを有効的に活用してください。建築シートは建設中の建物に必ず必要になるので、そのスペースに宣伝や広告に使用することで、不特定多数の人に宣伝することができます。

View Detail

安全対策をする

工事現場

自社ビルの安全性を高めるために、ガラス部分には飛散防止フィルムを貼った方がいいでしょう。ガラスは割れてしまうと、非常に危険で怪我をする可能性もあります。そのため、社員の安全のためにもフィルムは必要です。

View Detail