建設現場や災害現場で大活躍|水分を吸収すると使用できる土のう袋

男の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

安全対策をする

工事現場

日本の地下奥深くには活断層があります。そのため、日本には多くの地震が発生する国です。人間が感じる事ができない小さい地震は毎日のように発生していますし、大きな地震も一定のスパンで発生しています。そして、いつ発生するのかわかりませんので、地震対策をしないといけません。特に自社ビルを所有している企業は、社員の安全を確保するためにガラスには飛散防止フィルムを貼りましょう。

飛散防止フィルムとは、その名前の通りに飛散を防止するためのフィルムです。ガラスは非常に脆く、少しの衝撃でも割れてしまいます。割れたガラスを手で触ったり踏んでしまったりすると、怪我の原因になります。特に地震時は、建物から落ちてくるガラスで怪我をした人もいますし、落ちているガラスで怪我をした人も多くいます。そのため、地震が発生しても社員の安全を確保するために、ガラス部分には飛散防止フィルムを貼る方がいいのです。現在は大きなビルだけでなく、一般家庭でも安全対策として活用している人もいます。

現在は簡単に飛散防止フィルムを購入することができます。多くのメーカーがいろんな機能の製品を販売しているために、サイズや品質で選ぶことができるでしょう。製品の強度によって、価格は高額になりますが、100cm×180cmのサイズだと1,000円以内で購入できる製品も多く存在しています。安いフィルムでも貼っておくだけで効果はありますので、地震対策として、社員の安全対策としてガラスには飛散防止フィルムを貼ってください。